活動実績

 2018年

 西ノ京/里地里山づくり(2018年5月12日)

 朝はさわやかな1日の出だしでしたが、昼頃には25度を超えるたいへん暑い日でした。前回の活動から20日程度ですが、草は随分伸びていました。本日の主な活動は草刈りと、今月後半に行うイベントの準備です。

左は花壇を手入れしている写真です。

続きを見る

 天理/里地里山づくり(2018年4月29日)

 連休さ中の活動で参加者が集まるか危惧していましたが、普段通りの会員が集まりました。今日の活動は草刈りと竹林の整備が主な内容です。

左写真は竹林の整備作業状況です。

続きを見る

 西ノ京/里地里山づくり(2018年4月21日)

 今日は、前日の天気予報で約30度となるため熱中症に充分気をつけるようにと言われていましたので、水分補給に気をつけて作業にかかりました。本日の活動は、主に草刈りとユキヤナギ生垣の剪定作業を行いました。

左は休憩施設周辺の草刈りと剪定をしている写真です。

続きを見る

 西ノ京/里地里山づくり(2018年4月7日)

 今日は、昨日までの陽気から10度前後気温が下がり、急激に寒くなりました。今年度最初の活動は西ノ京における景観形成活動です。前回の西ノ京における活動から1カ月近く経ち、草もやや伸びてきました。本日は草刈りのほか多くの作業を行いました。

左は休憩施設周辺の草刈りしている写真です。

続きを見る

 県立奈良高校景観保全活動(2018年3月26日)

 暖かい日が続き、サクラがあちこちで咲いています。景観保全活動の場である県立奈良高校でも本館校舎前のサクラが、遅咲きのウメと一緒に美しく咲いています。本日の活動は本館校舎前のクロマツを主とした校庭樹木の剪定を行いました。

左写真は満開のサクラの前でクロマツの剪定をする会員です。

 天理/里地里山づくり(2018年3月25日)

 活動で動きまわると汗ばむような1日です。日和に誘われてか当活動地で、今年度一番多くの会員が集まりました。今年度この地最後の活動となる本日の主な活動内容は、草刈り、施肥、日照障害木の伐採です。

左は本日参加会員面々の集合写真です。

続きを見る

 県立医大景観保全活動(2018年3月17日)

 さわやかな好天のもと、本日は奈良県立医大での景観保全活動です。朝から大学正門内側の校庭に、刈り込み鋏やヘッジトリマー、園芸脚立などを持って集まりました。

左の写真は、外周生垣の刈り込みの片付け作業の様子です。

続きを見る

 平城宮跡景観保全活動(2018年3月12日)

 ウメの花も満開の春色なごやかな季節です。本日は前回活動で残っている建部門の北側を通る路の両側に植えられたマツの剪定と、朱雀門北側の両サイドのマツ、玉手門跡周辺のマツの剪定です。

左写真は本日集まった会員です。右端遠くに見えるのは朱雀門です。

続きを見る

 西ノ京/里地里山づくり(2018年3月10日)

 今年度最後となる西ノ京景観形成事業地における活動です。朝の出だしは寒さを感じる一日の始まりでしたが、昼になるにつれて暖かくなりました。本日の作業は景観づくりのため高く伸ばしているカキの剪定、柑橘類の整姿および、クリ・ウメ・柑橘類への施肥などです。

左はカキの剪定枝を処理している写真です。

続きを見る

 万葉の森景観保全活動(2018年3月4日)

 前回の万葉の森の活動日とは打って変わって暖かい1日となりました。ウメ園のウメは4分咲き程度です。活動は前回からの続きで、ウメ園の剪定から始め、藤棚の剪定、ツバキ園の剪定へと移って実施しました。

左写真はウメの剪定作業状況です。

続きを見る

 平城宮跡景観保全活動(2018年2月26日)

 春のような温かい日です。本日の平城宮跡における活動は前回やり残した東院庭園内の剪定と、東院庭園前庭(建部門北側の東西道路の両側に植わった植栽)の剪定です。19名の会員がそれぞれに園芸三脚などの剪定用具を持ち寄り集まりました。

左は庭園内池の中島に植わったマツ剪定後の写真です。

続きを見る

 天理/里地里山づくり(2018年2月25日)

 天気予報に反して暖かい1日でした。今年度もあと少しの活動期間しかありませんが、多くの作業が残っています。本日はカキの剪定、竹林の整備、獣害防止柵の設置などをおこないました。

左は獣害防止柵を取り付けた写真です。

続きを見る

 西ノ京/里地里山づくり(2018年2月24日)

 天気も良く、温かい日和です。前回の活動で景観づくり事業は終了したので、本日の活動は景観形成活動のみです。たくさんの会員が集まったので、予定より活動範囲を広げて活動を開始しました。

 注釈)‘景観づくり’は「奈良県内の自然・環境・文化財の保全・活用事業」補助金を活用しての「西ノ京『歴史的風土特別保存地区』における景観づくり事業」です。‘景観形成活動’は「古都法買入れ地の景観形成事業」へ参加しての活動です。

左はカキの木を大剪定している写真です。

続きを見る

 平城宮跡景観保全活動(2018年2月19日)

 今年初めての平城宮跡景観保全活動は東院庭園で実施しました。先週は厳しい寒さで週末を終えましたが、本日は曇りがちの中、穏やかな日和です。
 東院庭園では、現在隅楼が工事中のようで、足場のようなもので覆われています。本日は北東建物西側や反橋から隅楼の間の州浜に植わった松の剪定を行いました。

左は州浜に植わった松の剪定を行う会員の写真です。

続きを見る

 西ノ京/里地里山づくり(2018年2月17日)

 近頃の春を感じる天候とはうってかわって寒さの感じられる活動日となりました。本日は景観づくり事業としては最後の活動日です。カキの植樹と休憩施設の看板設置を実施しました。
 このほか景観形成活動として、活動地横を通る鉄道との境界にある、フェンス際の雑草の刈り取り作業を行いました。

左は完成した休憩施設でくつろぐ会員の写真です。

続きを見る

 万葉の森景観保全活動(2018年2月4日)

 この冬一番の寒波予報のもと、本日は万葉の森のウメ園での景観保全活動を実施しました。予報通りの厳しい寒さの中、大勢の会員が集まりました。
 今回の活動は100本近く植わったウメの木の剪定です。

左写真は活動前の準備体操をする会員です。

続きを見る

 西ノ京/里地里山づくり(2018年2月3日)

 本日の西ノ京における活動は、前回に引き続き景観づくり事業です。明日からはまた寒気が吹き込むとの天気予報ですが、今日は活動しやすい日和となりました。活動内容は一般の方々が休憩施設へ出入りするための出入口づくりです。

左は完成した出入口の写真です。

続きを見る

 天理/里地里山づくり(2018年1月27日)

 冬型の厳しい気圧配置の今日この頃の中での活動ですが、晴れ空の下、この時期にしてはしのぎやすいと感じる1日でした。活動地には昨夜に積もったのか、うっすら雪がかかっています。今日の活動内容はカキの剪定、果樹幼木整姿の準備、竹林の間伐です。

左はカキ植樹エリア剪定作業の状況です。

続きを見る

 西ノ京/里地里山づくり(2018年1月13日)

 緑友会にとって今年初めての活動です。たいへんな寒波が予想される中での作業となりました。朝、出かけに屋外の寒暖計を見ると0℃です。予報では昼間の気温も5℃となっています。本日の活動は地域貢献サポート事業の景観づくり事業です。

左写真は完成した四ツ目垣の前で写した集合写真です。

続きを見る

 天理/里地里山づくり(2017年12月23日)

 緑友会今年最後の活動です。12月にしては暖かく活動に適した1日でした。
 年末の忙しい時期にもかかわらず集まってくれた会員で本日の活動を行いました。活動内容は草刈り、剪定、施肥、竹林の整備です。

左写真は果樹への施肥作業状況です

続きを見る

 西ノ京/里地里山づくり(2017年12月9日)

 年末のあわただしい時期にもかかわらず、たくさんの会員が集まりました。本日の活動は景観づくり事業と景観形成活動を行いました。

左写真は防寒対策をしたヤマトタチバナの写真です。

続きを見る

 西ノ京/里地里山づくり(2017年12月2日)

 前回の活動以来、雨天により先月18日に予定の活動が延期になっていました。前回作業の内、やり残していた作業などについては臨時活動として11月30日に数人による活動で片付けました。
 本日は先月18日に予定していた活動を実施です。今は参加会員の仕事繁忙時期にあたるので参加者はいつもよりやや少なめとなりました。

左写真は柑橘類エリアで実ったレモンの写真です。

続きを見る

 油阪公園景観保全活動(2017年11月26日)

  天気予報では午後からは天気が崩れるとの見込みの本日ですが、当活動は事前の準備作業をすでに済ませてあるので、午前中に終わる予定で実施しています。
 いつものように開始予定の9時ごろには油阪交差点の角にある花壇の周囲に大勢の参加者が集まりました。 。

左写真は、花植え活動参加者の集合写真です。

続きを見る

 天理/里地里山づくり(2017年11月25日)

 先月は10月の28日に活動を予定していましたが、台風22号の通過影響により活動を中止しました。
 本日の天理での活動は約2カ月ぶりとなりますが、年末の忙しい時期でもあり、少ない参加者での活動となりました。活動内容は草刈りとカキの木の剪定です。天気が良く、活動しやすい1日でした。

左写真:剪定と刈り払い作業状況

〔この活動は、コメリ緑資金の助成を受けて実施しています〕

 西ノ京/里地里山づくり(2017年11月4日)

 今月になってからは、良い天気が続きます。本日はあいにく曇り空でしたが、活動には心地よい日和です。本日の活動はかねてより伸び伸びになっていた地域貢献サポート事業の景観づくり事業の内、植樹事業から始めました。

左写真はヤマトタチバナ植樹活動の写真です。

続きを見る

 西ノ京/里地里山づくり(2017年10月17日)

 今月12日に予定していた保育園児対象のイモ掘り会は当日が雨であったため、今日に延期していました。しかし、延期した本日も開催時間である午前中は雨となりました。昼からは雨が遠のく予報ではありましたが、園児は昼からはお昼寝の時間となります。再延期しても、当面の天気予報は雨が続いています。

左写真は保育園児との集合写真です。

続きを見る

 西ノ京/里地里山づくり(2017年10月14日)

 今日も雨模様の天気ですが、活動地の地域の方を招いてのイモ掘り会を予定していたので、とにかく活動地まで出向きました。小雨が降る中、サツマイモ畑の周りに伸びた草を抜き、今回のイモ掘りで使う畝のイモ蔓を切り取って撤去し、被せてあったマルチを取り除きました。(ほかの畝は近隣の保育園児たちが植えたサツマイモなので、日を改めてイモ掘り会を催します)

左写真は芋掘り会の様子です。

続きを見る

 西ノ京/里地里山づくり(2017年10月7日)

 屋外におけるボランティア活動で一番気にかかるのは天気です。予報によると午前中の天気は雨量が0oでも、1oに満たない雨が降る小雨となっていました。実施を決めたものの出かけるころにはバラバラと雨が降ってきました。
 本日の活動は景観形成活動で草刈り作業の予定でしたが、雨で草がぬれており刈りづらいことから足元が少々悪くても行える景観づくり事業の活動に切り替えました。

左写真は四ツ目垣製作状況です。

続きを見る

 西ノ京/里地里山づくり(2017年9月30日)

 午前中はとても気持ち良い天気です。昼頃からは天気予報どおり、気温も上がり夏に戻ったような暑さを感じました。前回に続き多くの会員が集まったので、景観づくり事業と景観形成活動に分かれて活動を行いました。

左写真は草刈り作業の状況です。

続きを見る

 天理/里地里山づくり(2017年9月24日)

 季節の移り変わりを感じるこの頃です。活動地のカキもすいぶん色づいて来ました。
 本日の活動には、県のほうからウエブサイトに掲載するために取材に来られるとの連絡がありましたので、取材を受けながらの活動となります。
 本日作業のメインとなるのは草刈りです。

左写真:刈り払い機を携えての集合写真

続きを見る

 西ノ京/里地里山づくり(2017年9月2日)

 気温も随分下がり、活動をしやすい季節になってきました。本日の活動の内、景観形成活動としての活動は下草刈り、花壇などの草抜きと水遣り、サツマイモ畑の草抜きとツル返しです。
 このほか景観づくり事業として休憩施設の準備作業を行いました。

左写真は活動参加会員の集合写真です。

続きを見る

 天理/里地里山づくり(2017年8月27日)

 暑さもやや落ち着いたように感じられるこの頃ですが、昼頃になるとやはり暑さが増してきます。本日の主な作業は草刈りと竹林の整備です。

左写真:クリの幼木にたくさんの実が生りました。

続きを見る

 西ノ京/里地里山づくり(2017年8月21日・22日)

 この2日間の活動は予定されていた活動ではありませんが、イベント用に畑を耕すときに使用する管理機(耕運機)の寄付を受けましたので、保管するための倉庫を作るために会員が集まりました。

左写真は倉庫扉の制作状況です。

続きを見る

 剪定技術研修会(2017年8月20日)

 剪定技術研修会はボランティア活動の一環として実施するもので、ボランティア活動講習会として実施しています。

左は先輩から後輩へ剪定技術を教えている写真です。

続きを見る

 西ノ京/里地里山づくり(2017年8月12日)

 暑い気候は相変わらずですが、ほどよい風が吹いているため凌ぎやすい活動日です。
 本日は、草刈りと積み上げた剪定枝の整理、潅水など、そして雨水集水設備の改善と資材の整理です。

左写真は柑橘類エリアの草刈り状況です。

続きを見る

 西ノ京/里地里山づくり(2017年8月5日)

 本日は臨時の活動です。
 先ごろ修理に出した自走式草刈り機の修理ができたとのことで、引取り後の荷下ろしに人手が必要なため、スタッフに臨時に招集をかけました。

左写真は草刈り機試運転の写真です。

続きを見る

 天理/里地里山づくり(2017年7月30日)

 本日は当会の他の行事と重なった日ですが、いつもと変わりなく会員が集まりました。本日の活動は活動地内や活動地に面した道路際の草刈りと施肥です。

左はイノシシ?に掘り起こされたカキの根元の写真です。

続きを見る

 西ノ京/里地里山づくり(2017年7月29日)

 曇り空の天候ですが、湿度が多いのか暑さの感じる一日です。
 多くの会員が集まりましたので、前回同様、景観づくり事業(「歴史的風土特別保存地区」における景観づくり事業)と、景観形成活動に分かれて活動を行いました。

左写真は花壇にジョロで灌水している写真です。

続きを見る

 西ノ京/里地里山づくり(2017年7月22日)

 猛暑日が続きますが、今日も暑さに負けずの参集です。
 本日は'西ノ京「歴史的風土特別保存地区」における景観づくり事業'としての活動日でしたが、多くの会員が集まりましたので、「歴史的風土特別保存地区」における景観づくり事業(以下景観づくり事業と記す)と、従来より行っている景観形成活動に分かれて活動を行いました。

左写真は灌水施設の増設のうち、雨水貯留タンク増設の写真です。

続きを見る

 西ノ京/里地里山づくり(2017年7月19日)

 本日も前回活動日とおなじく、35度を超える猛暑日です。今日の活動は「奈良県内の自然・環境・文化財の保全・活用事業」の補助金を受けた活動です。緑友会では'西ノ京「歴史的風土特別保存地区」における景観づくり事業'として、本日より活動を開始します。

左写真は丁張に合わせて基礎ブロックを据え付けている状況です。

続きを見る

 西ノ京/里地里山づくり(2017年7月15日)

 予報では35度を超える猛暑日です。本日は前回活動で残った草刈りとウメの剪定とのことで、作業量が少ないと見たのか猛暑日での熱中症を懸念してか、会員の出足は悪く通常の半分程度の集まりとなりました。

左写真はウメエリアでの剪定作業状況です。

続きを見る

 西ノ京/里地里山づくり(2017年7月8日)

 朝から無風の暑い日です。8:30頃から三々五々と集まり始めた会員の挨拶は、「今日は暑くなりそうですね。」が数多く聞かれました。梅雨の合間の厳しい暑さの1日でした。本日は草刈りが主な活動です。

左写真は柿が植栽されているエリアの草刈りの状況です。

続きを見る

 天理/里地里山づくり(2017年6月24日)

 毎月、月末の日曜日を活動日としている天理/里地里山づくりですが、明日は緑友会通常総会があるため、今月の活動は土曜日に繰り上げとなりました。予報では日曜日が雨と出ているので、曜日が変わったことが幸いした、晴れた1日となりました。

左写真は、管理地に面した道路際の草刈り後清掃作業の写真です。

続きを見る

 油阪公園景観保全活動(2017年6月17日)

 奈良市油阪交差点から県庁東交差点まで、西から東方向へ上る坂が油阪です。
 由来は、鎌倉時代中期の頃から奈良市中には三つの市が設けられ,その市に店を出す商人組合(座)の中に、「符坂の油座」と言われた油商人がまとまって住んでいたので「油阪」の名がおこりました(「奈良のあゆみ」より)。
 油阪公園での活動は、公園にある花壇の花植えとその管理で、本日は花のポット苗の植え付けです。この花植えには、私たちのほか地域住民や県の職員の方々の参加もいただき、総勢21名での協働作業で実施しました。

左写真は、花植え活動中の写真です。

続きを見る

 羅城門跡公園景観保全活動(2017年6月11日)

 羅城門は、朱雀大路の南端に位置し北端の朱雀門から約4kmのところにありました。文献上では、雨乞いや外交使節送迎など様々な儀式が行われた場所でもあります。今ではその跡地が、『羅城門跡公園』になっています。本日の活動は、この公園の草刈りおよびツツジ等の剪定です。

左写真は本日の活動に集まった会員です。

続きを見る

 西ノ京/里地里山づくり(2017年6月10日)

 本日は、垂仁天皇陵近くの田んぼには、朝から大勢の人が集まり、ボランティアによる田植えのイベントが催されているようです。天気予報では日中の気温は29℃になるという暑い日になりましたが、若干の風があったためしのぎやすい暑さです。本日の主な活動は草の刈り取りです。

左写真は柑橘類エリアの草刈りの状況です。

続きを見る

西ノ京/里地里山づくり(2017年5月30日)

 本日は昨年に続き、西の京の活動地に近くの保育園児(4〜5才児)40人を招いて「花植え、イモ植え」イベントを行ないました。イベントには奈良テレビも取材に訪れました。

左写真は植えた花に水をやる保育園児です。

続きを見る

天理/里地里山づくり(2017年5月28日)

 本日は4月の活動同様たいへん良い天気に恵まれました。汗ばむ天候のなか、集まった会員で果樹の下草刈を実施しました。

左は道路側の除草活動の写真です。

続きを見る

西ノ京/里地里山づくり(2017年5月27日)

 本日は、この秋に地域の子供たちを招いて行うイモ掘りイベントなどの準備班と柑橘類エリア等の草刈り班に分かれて活動を行いました。
 今日も活動地に隣接する「歴史の道」横の遊歩道では、多くの観光客が歩いており、当敷地内の「ヤマトタチバナ」の説明看板を立ち止まって見ていました。

左写真は柑橘類エリアの草刈りの状況です。

続きを見る

西ノ京/里地里山づくり(2017年5月17日)

 13日の活動予定が、たいそうな雨のため延期となり、本日が活動日となりました。平日の活動となったため、参加できない会員が多いかと思いましたが、平日にしてはたくさんの会員が参加しました。
 本日の活動内容はイベントの準備を主に行うこととし、残り時間を草刈りに費やしました。

左写真はイベント用サツマイモ畑の畝づくりです。

続きを見る

天理/里地里山づくり(2017年4月30日)

 今年度の天理/里地里山づくり、第1回目活動日です。たいへん良い天気に恵まれ、連休にもかかわらず、おおぜいの会員が草刈り機を持って集まりました。本日の活動内容は下草刈りです。

左はコナラの木陰での休憩を取る会員の写真です。

続きを見る

西ノ京/里地里山づくり(2017年4月8日)

 西ノ京活動地は、いま活動地境界に植えられたユキヤナギが満開です。時折小雨が降る天候の定まらない1日でしたが、おおぜいの会員が集まりました。本日の活動内容は草刈りを主に行っています。

左の写真は咲き誇ったユキヤナギの中で草刈りを行っている弊会会員です。

続きを見る

平城宮跡景観保全活動(2017年4月3日)

 2017年明けに行った3回の平城宮跡における景観保全活動は、天候に恵まれず、すくなからずの樹木の剪定が残った事から、年度明けての本日に活動を引き継ぎました。予定外の活動にも関わらず13名の会員が集まりました。

左写真は、本日平城宮跡に集まった有志会員です。(東院庭園内で撮影)

続きを見る

『県立奈良高等学校』景観保全活動(2017年3月27日)

 桜の開花宣言が待たれる日々、肌寒い中を12名の会員が集まりました。
 春休みにも関わらず、グラウンドから野球部*員の練習の声、校内からクラリネットやトランペットの音色が聞こえ、50数年前の高校生活を思い起こさせます。
 さて、本日の活動は木や脚立に登っての作業が多いので、9時から全員で準備体操をして、身体をほぐしてから作業に取り掛かりました。
  (* 野球部は1991年(平成3年)春の選抜高校野球に出場しています)

左写真は木に登って剪定作業をしている様子です。

続きを見る

天理/里地里山づくり(2017年3月26日)

 今年度最後の古都法買入地景観形成事業(里地里山づくり)は天理活動地での実施です。天理活動地は村落すぐ近くの山側に位置しますが、害獣(イノシシ)の出没に悩まされます。今回活動は果樹の剪定などのほかに、獣害防止柵の設置も行いました。

左写真は獣害防止柵の設置作業の様子です。

続きを見る

奈良県立医大景観保全活動(2017年3月18日)

 好天のもと、本日の景観保全活動は同医大の外周生垣の刈り込みを主とした作業です。会員は刈り込み鋏やヘッジトリマーや園芸用脚立などを持って大学の校庭に集まりました。

左の写真は、外周生垣の刈り込みを行なっている様子です。

続きを見る

平城宮跡景観保全活動(2017年3月13日)

 平城宮跡での景観保全活動は、東院庭園とその前庭・朱雀門周辺・玉手門跡周辺での活動で例年3日をかけて行なっています。今年は、2月6日、3月6日と13日に行いました。その活動内容をお伝えします。

左の写真は、クロマツの剪定中、ヘルメットも凜々しい会員の勇姿です。

続きを見る

西ノ京/里地里山づくり(2017年3月11日)

 本日の西ノ京活動地は、白い梅の花が満開になっていました。薄寒い曇り空の下でしたがたくさんの会員が集まりました。活動内容は果樹の剪定、施肥、生垣根元の草抜きなどです。

左の写真は、柑橘類幼木の剪定状況です。

続きを見る

天理/里地里山づくり(2017年3月5日)

 あたたかい活動日和です。多くの会員が集まりましたので、草刈りのほか、いろいろな活動を行いました。

続きを見る

万葉の森景観保全活動〔ウメ園・藤棚・ツバキ園〕(2017年2月26日)

 本日の活動は、天気にも恵まれ満開になった紅梅の香りの中で、前回の活動で残った梅園の剪定と藤棚・椿園の剪定を行いました。
今回は女性会員2人を含む会員15名で作業を実施しました。

続きを見る

西ノ京/里地里山づくり・果樹植栽事業(2017年2月14日)

 本日の景観保全活動は、どんよりとして寒い天気の中、植栽事業では御所柿(2本)とスモモ(3本)の苗木を講師の指導で植樹を行いました。里地里山づくりでは、既存のカキ・柑橘類(レモン他)・ビワの剪定を行いました。

続きを見る

天理/里地里山づくり(2017年2月4日)

 1月の土日には多くの予定が入ったため、当活動地での活動は当月にずれ込みました。本日も他の行事と予定が重なってしまいましたが、多くの参加者が集まりました。主な活動は竹林の中に自然生えした雑木の伐採です。

続きを見る

万葉の森景観保全活動〔ウメ園〕(2017年1月29日)

 本日の「万葉の森」ウメ園の景観保全活動では、すでに紅梅がきれいに咲き誇っていました。ウメの木には徒長枝や葛の蔓が多く、剪定整姿と蔓の除去作業が主な活動となりました。
 今回は女性会員も参加し、会員10名で作業を実施しました。

続きを見る

西ノ京/里地里山づくり・果樹植栽事業(2017年1月21日)

 11日の西ノ京の活動と違い、風も穏やかな日和でした。本日の活動は果樹の剪定と花壇の草抜き。前回設置した果樹幼木の防風対策の補強と2月に果樹苗木を植栽予定場所の土づくりです。

続きを見る

西ノ京/里地里山づくり・果樹植栽事業(2017年1月14日)

 緑友会で今年初めての景観保全活動は、冬型の気圧配置になり、風の強いたいへん寒い一日です。寒い中も大勢の会員が集まりました。活動内容は果樹の剪定と花壇への施肥、昨年植樹した果樹幼木の防風・防霜対策です。 年末の押し詰まった時期ですが、緑友会にとって今年最後の活動です。集まった会員で活動地の整理清掃などを行いました。また、施肥も行いました。

続きを見る

 2016年

天理/里地里山づくり(2016年12月25日)

 年末の押し詰まった時期ですが、緑友会にとって今年最後の活動です。集まった会員で活動地の整理清掃などを行いました。また、施肥も行いました。

続きを見る

naracoop161212.jpg(160px×120px)

「環境保全活動助成団体交流会」に参加して(2016年12月12日)

 助成を頂いている'ならコープ'主催の「環境保全活動助成団体交流会」に参加しました。

続きを見る

nisinokyo161210(160px×120px)

西ノ京/里地里山づくり・果樹植栽事業(2016年12月10日)

今日の天気は晴れ時々曇りで動いている時は寒さを感じないのですが、休んでいると寒さを感じる日でした。活動内容は里地里山づくり(剪定など)と植樹した果樹幼木の防寒の準備です。 

続きを見る

s-DSCN2350.jpg(120px×160px)

「古都保存法施行50周年記念シンポジウム」に参加して(2016年12月10日)

 今年は「古都における歴史的風土の保存に関する特別措置法」が制定されてから50周年の節目となっています。シンポジウムの課題は「古都の保存・継承における次世代への展望」についてです。

続きを見る

天理/里地里山づくり(2016年12月4日)

 今回の活動は、本来11月27日に予定されていましたが、雨のため延期となり、本日の実施となりました。作業の内容は整地作業と草刈りです。

続きを見る

aburasaka161120(160px×120px)

油阪公園景観保全活動花植え(2016年11月20日)

6月の花植えに続き、奈良市大宮通り油阪交差点の公園花壇で冬の花への植え替えを行いました。天候は曇り空の中、一時的に時雨もありましたが、当会会員のほか地域住民の方々、県の担当の方なども参加されました。 

続きを見る

西ノ京/里地里山づくり・果樹植栽事業(2016年11月12日)

 小春日和の本日は忙しい時期にもかかわらず、たくさんの参加者が集まりました。 里地里山づくりでは冬の花苗植えと柑橘類への施肥を行いました。 果樹植栽事業ではヤマトタチバナの冬支度です。

続きを見る

tenri161106.jpg(160px×120px)

天理/里地里山づくり(2016年11月6日)

 気候もめっきり寒くなり、草の伸びは落ち着いています。本日は活動地外周の草刈りおよび害獣進入防止柵の整備、粗剪定の残っている樹木の剪定などです。 

続きを見る

西ノ京/里地里山づくり・果樹植栽事業(2016年10月22日)

 本日は果樹植栽事業でのヤマトタチバナの植え付けと、来年春に植栽予定している場所への植栽用客土の運搬です。他に果樹へのお礼肥を行いました。 

続きを見る

西ノ京/里地里山づくり・果樹植栽事業(2016年10月20日)

 里地里山づくりでは、イモ掘りイベントが全て終わり、その後のイモ畑は来年に向けて土作りです。ほかに、かねがねの懸案事項である資機材置き場の整理です。
 果樹植樹事業はヤマトタチバナ植樹の準備として、土の搬入と植樹場所への土入れです。 

続きを見る

西ノ京/里地里山づくりイベント(2016年10月15日)

 10月6日のイベントに引き続き、今年2回目のイモ掘り会を近くの子供達とその保護者を招いて実施しました。天候は秋晴れの気持ちよい1日です。垂仁天皇陵近くの田圃では、稲刈りイベントが催され、大勢の子供や大人達が稲刈り体験をしていました。 

続きを見る

西ノ京/里地里山づくり・果樹植栽事業(2016年10月14日)

 本日の西ノ京活動地での作業は、里地里山づくりと果樹植栽事業を行いました。里地里山づくりでは冬の花植の準備と草刈りです。果樹植栽事業では、植栽位置の耕起です。

続きを見る

西ノ京/果樹植栽事業(2016年10月12日)

 古都法買入地景観形成活動地(西ノ京)においては奈良中央信用金庫様から地域貢献サポート基金として寄付をいただきました。緑友会ではこの寄付金を使って果樹植樹事業を行うこととしました。植樹する果樹はヤマトタチバナとカキ、スモモです。

続きを見る

西ノ京/里地里山づくりイベント(2016年10月6日)

 台風18号は近畿では日本海側を通過しましたが、各地で大きな被害をもたらしたようです。台風一過の本日は比較的良い天気に恵まれ、西ノ京活動地では、かねてより企画のイモ掘り会を実施しました。

続きを見る

西ノ京/里地里山づくり(2016年10月1日)

 朝はグズついた空模様でしたが、活動開始時には曇り空となり、まずまずの活動日和でした。本日の西ノ京の活動は草刈りのみです。

続きを見る

天理/里地里山づくり(2016年9月25日)

 朝は寒さを感じる秋の日でしたが、昼になると夏の名残が残る暑さを感じる一日でした。本日の活動は草刈り、施肥、竹林通路の整備、貯水タンクへ貯水、イノシシが道路にまき散らした土の掃除です。

続きを見る

西ノ京/里地里山づくり(2016年9月17日)

 前回の西ノ京活動から40日あまり、ずいぶん雨の多い期間でした。気候も秋の気配は感じますが、まだまだ暑い日が続いています。台風も近づいており、水遣りは一休みです。本日の西ノ京の活動は草刈りのみです。

続きを見る

天理/里地里山づくり(2016年8月28日)

 台風10号接近のため本日の空模様は曇り空で、前日までに比べるとしのぎやすい1日でした。本日の活動は草刈り、灌水用ポンプ設備、看板の整備を行なっています。

続きを見る

剪定研修会(2016年8月21日)

 今年も剪定技術研修会(ボランティア活動学習会)を実施しました。
 剪定技術研修会は景観保全活動実施のため、会員の技術向上を目指して行うものです。毎年この時期にはマツなどの樹木が多く植えられた奈良県広陵町にある圃場で剪定の技術を磨いています。

続きを見る

西ノ京/里地里山づくり(2016年8月6日)

 連日35度前後の日が続きます。雨も時折り降りますが、雨量が少なく土は乾燥しています。本日の作業は花壇や果樹類の水やり、柑橘類の整姿・剪定などです。  

続きを見る

tenri160724.jpg(160px×120px)

天理/里地里山づくり(2016年7月24日)
   ←写真をクリックすると拡大してみることができます。

 梅雨も終わってじめじめした暑さでは無くなりましたが、日差しの強い一日です。本日の活動は草刈り、活動地の看板の付け替え、果樹苗木の水やりです。  

続きを見る

西ノ京/里地里山づくり(2016年7月16日)

 梅雨最中の晴れ予想での活動です。朝から曇り空で、まずまずの活動日和です。活動内容はウメの剪定、お礼肥、柑橘類施肥の他、管理用資機材の置場の片付です。

続きを見る

西ノ京/里地里山づくり(2016年7月2日)

 予報通りのたいへん暑い日となりました。本日の活動予定は、活動地の遊歩道との境にあるユキヤナギの刈り込みや、果樹根元周りや花壇などの草抜き、施肥、貯水タンクから配管ほかです。

続きを見る

天理/里地里山づくり(2016年6月26日)

 本日は多人数の参加があり、作業内容も多岐にわたりました。天候は今一つですが、暑い時期ですので、曇り空は助かります。

続きを見る

西ノ京/里地里山づくり(2016年6月22日)

 去る6月3日には近くの保育園児を招待して、花植えとイモ植えを行いましたが、本日はまだイモ植えを終えていない残りの畝に、サツマイモ植える作業などです。

続きを見る

油阪公園景観保全活動花植え(2016年6月18日)

 奈良市大宮通り油阪交差点の公園花壇で花の植え替えを行いました。晴天には恵まれましたが、屋外活動にはやや暑い日和でした。

続きを見る

羅城門跡公園景観保全活動(2016年6月12日)

 昨日に続いて蒸し暑い日が続いています。午後の3時頃よりは雨の予報が出ています。
 今回の羅城門跡公園での活動は、草刈りと大刈りこみです。

続きを見る

西ノ京/里地里山づくり(2016年6月11日)

 梅雨特有の蒸し暑い日になりましたが、たくさんの会員が集まりました。
 今日の活動は草刈り、草花など水やりと除草、サツマイモ畑のマルチ掛け、雨水貯留タンクの目隠し作りなどです。

続きを見る

kasugaforplaza.jpg(160px×120px)

「春日山原始林を未来へつなぐ会」2016年度総会議事録 (2016年5月31日開催)

「春日山原始林を未来へつなぐ会」 2016 年度総会議事録 を会員プラザに掲載しました。

  〔会員の方へ:総会議事録は会員プラザをご覧ください。〕

nisinokyoevent01.jpg(160px×120px)

西ノ京/里地里山づくりイベントと活動(2016年6月3日)

 本日の西の京のイベントは近くの保育園児(4〜5才児)45人を招いて「花植え、イモ植え」を行ないました。イベントは午前中で行ない、昼からは草刈りなどの活動を行ないました。

続きを見る

天理/里地里山づくり(2016年5月29日)

 前回の活動は他の行事と重なり参加者が少なかったが、本日はたくさんの会員が集まりました。天候も曇天で、暑いこの時期の作業には助かります。

続きを見る

西ノ京/里地里山づくり(2016年5月24日)

本日は現地での対外打合わせも有ったことから、現地集合ついでに21日の活動での残作業である雨水の集水タンクの設置とイベント用イモ畑のマルチ掛けを数人の会員で行いました。

続きを見る

刃物砥ぎ研修会(2016年5月22日)

 本日の刃研ぎ講習会は「ボランティア活動学習会」の一環として行われ、外部の講師を招き、磯城郡三宅町あざさ苑で午後1時30分から4時まで行いました。参加者は15名でした。レジュメに基づき、包丁、植木鋏、剪定鋏の研ぎ方を実演してもらいました。

続きを見る

西ノ京/里地里山づくり(2016年5月21日)

 来月初旬に近くの保育園児を招いて、子供たちに自然と親しむ心を持ってもらうため、花植えなどのイベントを行なう予定です。このため本日のメイン活動はその準備です。  

続きを見る

西ノ京/里地里山づくり(2016年5月20日)

 18日の活動の続きとして、雨水集水貯留設備の設置です。前回組み立てた集水設備で古都の景観を壊さないために、集水装置に覆いを被せました。  

続きを見る

西ノ京/里地里山づくり(2016年5月18日)

 本日の活動は渇水期に備えて、雨水集水貯留設備の設置です。晴れ渡った空のもと、集まった会員で準備した木材を加工し、組み立てを行ないました。

続きを見る

西ノ京/里地里山づくり(2016年5月16日)

 今日の作業は草刈りがメインで、並行作業として雨水集水設備の準備作業です。草は前回の草刈り(4月9日)から1か月余り経ち、随分伸びていました。

続きを見る

西ノ京/里地里山づくり(2016年5月7日)

本日の活動は、西ノ京の活動地で集水設備に使うための竹を、天理の活動地から切り出して西ノ京活動場所へ運搬する作業などです。天理の活動地での竹の切り出しは竹林の整備も兼ねています。

続きを見る

kasuga160501.jpg(160px×120px)

「春日山原始林を未来へつなぐ会」参加報告
 『カシナガトラップ取り付け作業に参加して』(2016年5月1日)

 9時30分に近鉄奈良駅行基菩薩前に集合したのは18名のメンバーだった。若草山頂上駐車場までタクシーで行き、本日の作業機材を積んだ軽トラックと合流した。スパイク付き地下足袋に履き替え、荷物を分担して持ち山へ入った。

続きを見る

天理/里地里山づくり(2016年4月24日)

 本日の活動はあいにく「アースデー2016inなら」のブース展示と日程が重なってしまい、参加者は普段より少なくなりました。前回の活動から約1カ月ですが、暖かい日が続いていたので、草はずいぶん伸びています。

続きを見る

erthday160424.jpg(160px×120px)

「アースデー2016inなら」に参加して(2016年4月24日)

 平成28年4月24日 国営飛鳥歴史公園石舞台地区に於いて、地球温暖化対策として「環境政策」「エネルギー政策」にもとづき、ならコープ主催の「アースデー2016inなら」が開催され、52のブースが出展されました。緑友会も24番目のブースとして参加させて頂きました。

続きを見る

平城宮跡景観保全活動(2016年4月18日)

  本日の平城宮跡景観保全活動は朱雀門および玉手門跡付近で行いました。午前中は時折り小雨が降る天気で、昼からは雨模様の天気でしたが、予定どおり完了しました。
 左写真は朱雀門横のアカマツ整姿状況です。

西ノ京/里地里山づくり(2016年4月16日)

 このところ、当会の様々な活動が立て続けに予定されており、集まりを心配していましたが、忙しい日程の中たくさんの会員が集まりました。本日は前回活動に引き続いて管理機材置場囲い塀の設置作業です。

続きを見る

春の京都名庭園めぐり (2016年4月15日)

  京都庭園鑑賞ハイキング(親睦活動)
朝から天気は快晴、平日なので人出は比較的少ないはずである。10時半に参加者18名が叡山電鉄鞍馬駅に集合した。

続きを見る

西ノ京/里地里山づくり(2016年4月11日)

 本日は前回活動の続きです。気温も低く風も吹いて、9日と打って変わって寒い日です。
前回刈り残した駐車スペースと道路際の草刈りと、管理機材置場囲い塀の基礎設置と木材の加工が作業内容です。

続きを見る

西ノ京/里地里山づくり(2016年4月9日)

 平成28年度、初回の活動日です。朝から天候にめぐまれ、快い活動日和でした。近頃の暖かさと適度の雨で、雑草の勢いも増してきました。本日の活動は活動地の草刈りと管理資材置場囲い塀設置用資材搬入と基礎づくりです。

続きを見る

県立奈良高校景観保全活動(2016年3月28日)

 県立奈良高校の景観保全ボランティア活動は、従来はボランティア活動学習会として開催しておりましたが、今回より景観保全活動として行うことにしました。

続きを見る

天理/里地里山づくり(2016年3月27日)

  午後からは雨との天気予報が出ていた本日ですが、たくさんの参加者が集まっての活動です。
 本日の活動内容は、カキ植栽区域の草刈り、道路沿い害獣侵入防止対策、駐車場所の整備、竹林の手入れなどです。 

続きを見る

西ノ京/里地里山づくり(2016年3月26日)

 平成27年度、西ノ京最後の活動日となった今日は、寒い天気予報にもかかわらず、過ごしやすい一日でした。
 本日の活動は、柑橘類の整姿剪定、クリ、ウメ施肥のほか管理用機材置場予定地の整地、ヤマトタチバナの防風囲いの撤去と竹垣の設置です。  

続きを見る

県立医大景観保全活動(2016年3月20日)

 本日の県立医大景観保全活動は大学前の国道169号線沿いにある延長300mの生垣の刈込です。活動は前日の19日に行う予定でしたが、雨天のため本日に延期となりました。
 朝から天候に恵まれた暖かい1日で、校内ではソメイヨシノも咲き始めていました。  

続きを見る

kasugaforplaza.jpg(160px×120px)

「春日山原始林を未来へつなぐ会」意見交換会の参加報告(2016年3月9日)

 3月9日の意見交換会に参加しました。

  〔会員の方へ:意見交換会の報告は会員プラザをご覧ください。〕

万葉の森景観保全活動(2016年3月6日)

 本日の万葉の森景観保全活動はツバキ園の害虫発生を防ぐための間伐・枝抜き作業です。活動場所のツバキ園は公園の高台にあるので、車は前回活動地のウメ園横の駐車場に止め、車から降りて歩いて登らなければなりません。参加者は園芸脚立などの剪定道具類を担いで、5分余り階段を登りました。

 

続きを見る

toin160229.jpg(160px;120px)"

平城宮跡景観保全活動(2016年2月29日)

 天気予報は雨の予報でしたが、朝の空模様は晴れ渡っていたため活動を実施しました。今回活動を行う東院庭園は現在建物の補修工事中ですが、工事の仮囲いを一部外していただき景観保全活動を行いました。当地での活動内容はアカマツを主に、ヤマモモ、ウメなどの剪定作業です。

 

続きを見る

tenti160228.jpg(160px;120px)"

天理/里地里山づくり(2016年2月28日)

  本日は3件のボランティア活動が続く真ん中の日です。活動疲れが無いように参加を見合わす会員も多いかと思いましたが、天候にも恵まれたせいか、たくさんの参加者がありました。活動内容は前回活動時に延期になった日照障害樹木の枝落としと、カキの木の剪定です。

 

続きを見る

nisinokyo160227.jpg(160px;120px)"

西ノ京/里地里山づくり(2016年2月27日)

 今月20日に予定していた「果樹剪定講習会」が雨で流れたので、本日午後から行うことになり、場所を同じくする本日の活動は午前中のみで行いました。活動内容はカキの木の粗剪定、剪定枝の片付、柑橘園の防風シートの取り外し、小木の移植などです。

 

続きを見る

/kajyukosyu160227.jpg(160px×120px)

果樹剪定講習会開催(2016年2月27日)

果樹剪定講習会(果樹の手入れ講習会)イベントは先週に予定していましたが、あいにくの雨予報のため1週間伸び、本日午後の開催となりました。

続きを見る

/koryukai20160215.jpg(160px×120px)

専門校在校生との交流会を実施 (2016年2月15日)

 奈良県立高等技術専門校55期生と柴田会長はじめ緑友会有志8人との交流会を2月15日に実施しました。
当会メンバー紹介の後、緑友会会則、景観保全活動や講習会等の活動の様子、緑友会報の内容などの説明をした後、在校生の就業に役立つ情報の提供を行い、有意義な時間を共有しました。

続きを見る

manyo160207.jpg

万葉の森景観保全活動(2016年2月7日)
  本日の万葉の森はウメ園での活動です。昨年のウメ園での活動は雨にたたられ4月に延期となりましたが、今年は天候に恵まれました。とは言ってもやはり2月初旬です。動いていないと寒さが身にしみます。

続きを見る

/kasugatyosa160203.jpg(160px×120px)

「春日山原始林を未来へつなぐ会」参加報告
   『春日山原始林のナギ植生現状調査』報告(2016年2月3日投稿)

 2月3日 春日山の植生調査に行ってきました。
前回、K.T.氏が調査した時と同じ形式での調査です。10メートル四方の枠内にナギが5割を占めていました。

続きを見る

toin160201.jpg(160px×120px)

平城宮跡景観保全活動(2016年2月1日)

 年の初めの平城宮跡景観保全活動は、例年は東院庭園から始めますが、東院庭園が工事中につき今年は東院庭園前庭での活動開始となりました。朝から小雨が降る肌寒い日です。それでも26名の会員が集まりました

 

続きを見る

tenri160130.jpg(160px;120px)"

天理/里地里山づくり(2016年1月30日)

 明け方まで雨の天気予報でやきもきしましたが、曇り空での活動となりました。強い寒波も去ったため、活動にはよい日和です。雨上がりで参加者が少ないと見込んでいましたが、多くの会員が集まってくれました。

 

続きを見る

genseirin.jpg(160px×170px)

「春日山原始林を未来へつなぐ会」参加報告
   『春日山原始林のナギ植生現状調査』(2016年1月27日投稿)

 今日(27日)は天候に恵まれ久しぶりに春日原始林に入山した。指定の特定区域(斜面)に4名のメンバーで入り調査。

続きを見る

nisinokyo160123.jpg(160px;120px)"

西ノ京/里地里山づくり(2016年1月23日)

 本日は昼から雪や強風の予報が出ていましたが、前回も雨後の活動でカキの木に登っての剪定作業を中止にして作業が遅れていることから、天気が崩れるまでということで活動を始めました。

 

続きを見る

 2015年

tenri151228.jpg(160px;120px)"

天理/里地里山づくり(2015年12月27日)

12月は打ち合せや会議が多く、この地での活動は年の瀬迫る時期の活動となりました。忙しい時期なので、多くの参加者を期待していなかったのですが、予想に反しての人数です。皆さん忙しい時期なので、活動は午前中とのことで始めました。

 

続きを見る

koryukai.jpg(160px;120px)

 「環境保全活動助成団体交流会」に参加して(2015年12月14日)

 助成を頂いている'ならコープ'主催の「環境保全活動助成団体交流会」に参加しました。

 

続きを見る

nisinokyo1512.jpg(160px;120px)

西ノ京/里地里山づくり(2015年12月12日)

 昨夜までの雨はようやく上がり、本日は心地よい暖かい日和となりました。本来は果樹の剪定を予定していましたが、木に登って剪定の予定であったため、雨後の樹皮は滑りやすいため、安全を考え急遽活動内容を変更しました。 

続きを見る

kinoko.jpg(160px;120px)

近大農学部 里山講座に参加して(2015年11月29日)

 各月に実施されている里山講座は今回で通算50回になります。一般の人を対象に開催され、約30人の参加者でした。午前中は農学部のキャンパスを歩いて植物観察や野鳥の観察をします。解説は准教授と当大学の里山インストラクターのメンバーです。今回はキノコの観察が中心になりました。野鳥は沢山のシジュウカラとモズを確認しました。もっと沢山いたと思いますが、同定出来ませんでした。

続きを見る

/z-dscno463.jpg(160px×120px)"

西ノ京/里地里山づくり(2015年11月28日)

 しばらく雨の日が続いていましたが、本日は晴れの活動日よりです。会員に寄付していただいた花苗(ノースポールや菜の花など)がポット一杯に成長したので、少人数の参加者で花苗植えを行いました。

続きを見る

>tenri151122.jpg(167px×120px)

 天理/里地里山づくり(2015年11月22日)

活動日が他の行事と重なってしまい、本日はやや少ない人数での活動となりました。前回の活動から約40日が経過していましたが、草は夏場のようには伸びていません。

続きを見る

z-DSCN0373.jpg(160px×120px)

油阪交差点花植えボランティア活動(2015年11月15日)

 奈良市大宮通り油阪交差点の油阪公園花壇の花を植え替えました。本日は午前中雨との天気予報もあり、活動の実施が危ぶまれましたが、来月の12日13日には奈良マラソンがあるため、実施しました。活動開始時にはたくさんの花苗が運び込まれ、活動参加の方々が揃いました。

続きを見る

nishinokyo151109.jpg(160px×120px)

西ノ京/里地里山づくり(2015年11月9日)

 昨日の活動はあいにくの雨のため、やむを得ず中止となりました。‘決行すれば雨、中止すれば晴れ’という事がままあるので、活動リーダーにとっては難しい選択です。
 本日も雨の予報が出ていましたが、立会いを伴う作業が予定されていたため、数人の会員での活動です。立会いは鉄道営業線際のカキの木の伐採です。

続きを見る

z-DSCN0304.jpg(160px×120px)

「大台ケ原・大峰山ユネスコエコパークシンポジウム」に参加して(2015年11月1日)
 課題「持続可能な未来に向けて森の恵み・森と人との関わりを考える」ユネスコエコパークシンポジウムに緑友会から2名が参加しました。
 ユネスコエコパークとは生物圏保存地域のことで、自然との良い関わりの中で地域の発展を実現するモデル地区です。

続きを見る

nishinokyo151019.jpg(160px×120px)

ヤマトタチバナの植樹(2015年10月19日)
 西ノ京/里地里山づくりの活動地にヤマトタチバナが植えられました。西ノ京活動地は北に田道間守(タジマモリ)の伝承に因む、垂仁天皇陵を景観に持つ活動地です。

続きを見る

tenri151011.jpg(160px×120px)

天理/里地里山づくり(2015年10月11日)
 明け方に雨が降っていたようで、どんよりとした空模様です。雨上がりは草が濡れて草刈りには不向きです。それでも大勢の人が朝早くから集まりました。今日の活動予定は草刈り、と施肥、井戸周りの整理です。

続きを見る

genseirin.jpg(160px×170px)

「春日山原始林を未来へつなぐ会」参加報告(2015年10月6日投稿)
 先月末、ナラ枯れ緊急対策の一環としてカシナガ(カシノナガキクイムシ)の発生実態調査に参加しました。ツブラジイ、ツクバネガシなどの樹木に設置した「トラップ」(計24ヵ所)にどのくらいカシナガが捕獲されているか一本一本を4〜5人単位で調べます。

続きを見る

nishinokyo151007-0.jpg(160px×120px)

西ノ京/里地里山づくりイベント〔U〕(2015年10月7日)
 「みんなでいもほり」イベントは4日に続いて2回目です。
秋晴れの本日、地元の保育園児47名をサツマイモ掘りに招待しました。弊会スタッフ5名はイモ掘りのお手伝いです。奈良新聞社からも取材に来られました。

続きを見る

tenti150920.jpg(160px×120px)

西ノ京/里地里山づくりイベント(2015年10月4日)
 西ノ京/里地里山づくり活動地では、イベントに備え、5月初めから活動地内の空地を利用してサツマイモを植え付けていました。10月に入った今は収穫の適期です。本日は近くの子供たちを招いて「みんなでいもほり」の会を開催しました。

続きを見る

tenti150920.jpg(160px×120px)

天理/里地里山づくり(2015年9月20日)
 天理の活動は7月26日以来です。予定した日が雨にたたられ続け、約2カ月ぶりの活動となりました。先日ごろまでの雨天曇天とはうって変わって良い天気の下での活動です。活動地の前にあるお寺の駐車場は彼岸入りとあって、たいへん賑わっていました。

続きを見る

nishinokyo150905.jpg(160px×120px)

西ノ京/里地里山づくり(2015年9月5日)
 昨日に引き続き今日は、当地での活動にとっては、秋の長雨の最中(さなか)に晴天に恵まれた日和でした。長い雨でぬかるんでいた足元も、昨日からの晴天で活動しやすくなっています。
 10日ほど前に急遽決めた活動日でしたが、大勢の活動仲間が集まりました。

続きを見る

kasuga_mirai4.jpg(160px×120px)

「春日山原始林を未来につなぐ会」保全ワーキンググループに参加して(2015年9月2日)
「春日山原始林を未来につなぐ会」保全ワーキンググループの9月、10月の活動は 現在被害が拡大しているナラ枯れ対策として、カシノナガキクイムシの捕獲トラップの 設置と管理を行う事になりました。この時期にカシノナガキクイムシが飛び交うので、 毎週水曜日に継続して作業します。約20名が参加されました。

続きを見る

sentei20150823.jpg(160px×120px)

剪定技術研修会(2015年8月23日)
 剪定技術研修会は景観保全ボランティア活動に備えて、技術の向上を目指して行うボランティア活動学習会です。毎年この時期にはマツなどの樹木が多く植えられた奈良県広陵町にある圃場で剪定の技術を磨いています。

続きを見る

nishinokyo150809.jpg(160px×120px)

西ノ京/里地里山づくり(2015年8月9日)
 暑い日が続いていますが、朝はかすかに秋の気配を感じる季節になってきました。
 先ごろ西ノ京活動地の巡視に来ると、クリのイガが落ち始めています。以前にはイガは管理地内に落ちていたようですが、車道側に遊歩道ができたので、一部のイガは遊歩道に落ちるようになりました。

続きを見る

z-DSCN6228.jpg(160px×120px)

天理/里地里山づくり(2015年7月26日)
 各地で猛暑日の本日は、活動場所の天理でも大変な暑さでした。
 活動開始予定30分前に現地へ到着しましたが、すでに大勢の会員が活動に入って、草刈り作業行なっています。暑い時期には涼しい早朝からのほうが活動しやすいようです。

続きを見る

mikan.jpg(160px×120px)

西ノ京/里地里山づくり(2015年7月18日)
 台風11号も過ぎ午前中は曇り空で、この時期にしては活動には適した気候です。参加会員も活動に集中できたようで作業がはかどりました。
 カキ、クリと柑橘類の一部は実も順調に育ち、里地風景を醸し出しています。カキとウメの木には、前もって作っておいたボカシ肥を追肥として与えました。

続きを見る

z-DSCN6125.jpg(160px×120px)

西ノ京/里地里山づくり(2015年7月4日)
 梅雨で予定が崩れることが多くなっています。6月27日の予定でしたが、雨が残る予報で本日に延びました。本日も果樹剪定を主に予定しておりましたが、明け方の雨で樹上の作業は滑りやすく危険が伴うため、草刈り作業をメインに切り替えました。

続きを見る

kasugayama.jpg(160px×120px)

「春日山原始林を未来につなぐ会」総会報告(2015年6月24日)
 6月24日、奈良文化会館で「春日山原始林を未来につなぐ会」総会があり緑友会から2名が参加しました。

 〔会員の方へ:詳しくは会員プラザをご覧ください。〕

z-CIMG5546.jpg(160px×120px)

油阪交差点花植えボランティア活動(2015年6月24日)
 奈良市大宮通り油阪交差点の油阪公園は、今までの南西側の花壇に加えて、北東側と南東側の角にも花壇ができています。本日は地元の方々にご協力いただき、緑友会会員9名との計16名で、花壇の花植えボランティア活動を行ないました。

続きを見る

DSCN6106t.jpg(160px×120px)

西ノ京/里地里山づくり(2015年6月20日)
 梅雨の合間で曇り空の下での活動日となりました。6月は土日とも、いろんな行事が目白押しの月となりましたが、予定を上回る参加がありました。主な作業はブルーベリー植栽付近の下草刈り、カキの剪定、サツマイモのツル植え付け、ボカシ肥の切り返しです。

続きを見る

kasugayama.jpg(160px×120px)

春日山原始林を未来につなぐ会」活動概要(2015年6月20日)
 会員数は116名で、活動は保全再生、普及啓発、人材育成の3つのグループに分けて進行しています。
 保全再生グループは42名で、5/27、5/31、6/7、6/10にあらかじめ作業範囲を決めて、ナギの実収集、手作業による整備を行いました。次回は7/8、7/19の計画です。

続きを見る

z-DSCN6079.jpg(160px×120px)

羅城門跡公園景観保全活動(2015年6月14日)
 平城京羅城門は朱雀大路の南端に位置して平城京の正門にあたります。今は石碑が残るのみで、公園になっています。ここでのボランティア活動は草刈りのほか、ツツジの刈り込み、カイヅカイブキなどの様々な樹木の剪定です。

続きを見る

z-DSCN6067.jpg(160px×120px)

天理/里地里山づくり(2015年6月13日)
 梅雨のさ中の暑い一日です。参加者も暑さしのぎに麦藁帽姿が目立ちました。また、蚊も多いため蚊取り線香を腰に下げた姿もあります。活動地は、前回5月24日に下草刈りを行ったにもかかわらず、梅雨の雨で20日ほどの間にほぼ元の草丈まで草が伸びていました。
 朝礼の後、今日の作業である草刈りと給水タンクへの水入れにかかりました。

続きを見る

z-DSCN6036.jpg(160px×120px)

西ノ京/里地里山づくり(2015年6月6日)
 本日の古都買入地 西ノ京/里地里山づくりは天候に恵まれ、最近の暑さとは打って変わって過ごしやすい一日でした。多数の参加者があったため、カキの木の剪定、新しく植えた柑橘類の手入れ、下草刈り、追肥に使うための有機肥料を用いたボカシ肥づくりなど多様な活動を行いました。

続きを見る

DSCN6001t.jpg(160px×120px)

天理/里地里山づくり(2015年5月24日)
 古都買入地 天理/里地里山づくりの本日の活動は、前日の天気予報から中止の連絡を回していましたが、あまりの良い天気に思いのほかの参加者がありましたので、集まった会員のみで実施しました。
 途中、果樹の育成指導をしていただいている棚田先生も見えられ、その後の果樹の手入れ方法などを教えていただきました。

続きを見る

z-DSCN5906.jpg(160px×120px)

西ノ京/里地里山づくり(2015年5月10日)
 今回も「西ノ京/里地里山づくり」へは、多数の参加がありました。前回の剪定はウメの徒長した枝を主に行いましたが、今回はカキの剪定です。カキは長年放置されていた様子で、果樹園風景に戻すための剪定作業は、木に登っての大剪定となりました。枝の太さも30p近いものもあり一部の枝はチェンソーを用いての剪定です。

続きを見る

DSCN5853.jpg(160px×120px)

天理/里地里山づくり(2015年4月29日)
 古都買入地 里地里山づくりの、天理での活動です。今回の活動は当初今月5日の予定でしたが、雨天のため実施できず、本日に延期となりました。このため活動内容は春の長雨で例年になく伸びた草の刈り取りと、遅れている果樹の整枝作業および給水タンク設置が主な作業内容となりました。多数の活動参加があったため、手分けしてそれぞれの作業に取りかかりました。

続きを見る

yuryu.jpg(160px×120px)

京都名庭園めぐり〔善峯寺コース〕(2015年4月25日)
 緑友会ではボランティア活動の仲間たちの親睦を深めるため、春には'京都名庭園めぐり'、秋には'あるこう会ハイキング'を催しています。今回の京都名庭園めぐりは『善峯寺コース』で二十数名の参加でした。以下の記事は参加会員によるものです。

続きを見る

DSCN5814t.jpg(160px×120px)

西ノ京/里地里山づくり(2015年4月16日〜26日)
 西ノ京の里地里山づくりは準備作業と果樹園風景の復元活動を並行して進めています。
準備作業としては、16日からは活動に使用する資機材を保管する物置の扉や貯水用のタンクの基礎材の加工を進めました。23日には天理活動地の資材と併せて、ローリータンクや加工した資材を現地搬入しました。

続きを見る

DSCN5802MN.jpg(160px×120px)

第6回健康倶楽部開催(2015年4月19日)
 ボランティア活動に参加していただく方々の健康促進を目指した健康倶楽部(講座)も6回目を迎えました。講師は毎回お世話になっている山田喜愛(よしちか)先生です。今回は主に呼吸法について、約2時間半に渡ってご指導いただきました。

DSCN5773t.jpg(160px×120px)

万葉の森景観保全活動〔ウメ園〕(2015年4月18日)
 万葉の森ウメ園の景観保全活動は2月の8日に予定していましたが、あいにくの雨天のため延期になっていました。ウメ園には約100本のウメが植えられています。ウメの花はとっくに終わり、今はウメの実が膨らみ始めています。女性会員も参加し、会員9名と管理事務所の方で作業を始めました。

続きを見る

DSCN5724t.jpg(160px×120px)

西ノ京/里地里山づくり(2015年4月1日〜12日)
 古都買入地 西ノ京里地里山づくりは4月に入り本格的に活動を始めました。1日、10日は活動の準備作業、11日は活動用具を入れる物入れの製作と各種看板の設置、果樹の剪定、草刈りです。12日には前の日に続いて物入れの製作です。

続きを見る

satoyama.jpg(160px×120px)

西ノ京/里地里山づくり活動開始(2015年3月29日)
 本日の天気予報は昼前から雨とのことでした。奈良市西ノ京での里地里山づくりは今回が初回です。活動を始める前の説明会を兼ねて『雨が降り始まるまででも活動を・・・』と思い、活動実施の連絡を行いました。あにはからんや、現地着くと雨が降り始めました。

続きを見る

CIMG5498f.jpg(160px×120px)

万葉の森景観保全活動〔ツバキ園〕(2015年3月22日)
 万葉の森景観保全活動は前回ウメ園での予定でしたが、活動は雨のため延期になりました。ウメ園は今が満開できれいに咲き誇っています。今回はツバキ園の剪定で、例年と異なり間引き伐採も活動内容に加わりました。女性会員も参加し、会員13名と管理事務所の方で作業を始めました。

続きを見る

DSCN5624f.jpg(160px×120px)

平城宮跡景観保全活動〔朱雀門・玉手門跡〕(2015年3月16日)
 平城宮跡における今年度最後の景観保全活動で、朱雀門周辺と玉手門跡周辺でのマツの剪定です。23名の参加者を2つのグループに分け、活動を開始しました。朱雀門周辺の活動は午前中で終え、午後からは玉手門跡周辺へ合流しました。

続きを見る

z-DSCN5530r.jpg(160px×120px)

古都買入地 里地里山づくり/果樹剪定講習会(2015年3月8日)
 天理市柳本町の古都買入地での第6回ボランティア活動で28名の参加です。今回は伸び放題になった果樹を里地里山風景に戻すために果樹剪定講習会を開きました。講師は元フラワーセンター所長の棚田氏にお願いし、カキ、スモモの剪定方法などを学んだ後、活動に即応してカキの剪定を行いました。

続きを見る

DSCN5459t.jpg(160px×120px)

平城宮跡景観保全活動〔東院庭園前庭〕(2015年2月23日)
 今年度の平城宮跡景観保全活動、第2回目は東院庭園前庭と前回残していた東院庭園内の剪定を総勢27名で行いました。気温はこの時期にしては暖かく、作業しやすい天候でした。
 東院庭園前庭にはアカマツが列植されています。参加の会員は思い思いにアカマツの周りに脚立を立てて外から剪定する者、木に登って脚立の届かないところや幹に近いところを剪定する者に分かれ手際よく樹木の剪定を進めていきました。
 東院庭園内では、ウメやヤナギや灌木などの剪定を行いました。庭園内のウメは3分〜4分咲きで、あと少しで、見ごろとなります。

satoyama.jpg(160px×120px)

古都買入地 里地里山づくり (2015年2月15日)
 奈良県古都買入地景観形成事業の天理市柳本町でのボランティア活動で、今回で5回目となります。総勢16名が参加し、竹林、カキ、スモモ植栽域の草刈りや、日照を阻害する大きな雑木の枝落としなどを行いました。草地になっている部分には、新たにクリなどの苗木を植えるための準備も行いました。
 活動参加の皆様、お疲れ様でした。次回は伸び放題になった果樹を里山風景に戻すため、果樹剪定研修会を行う予定をしています。

z-DSCN5413t.jpg(160px×120px)

油阪交差点花植えボランティア活動(2015年2月1日)
 今年も油阪交差点の花植えボランティア活動が始まりました。この活動は奈良県奈良市において国道369号線と県道754号線の交差点南西角の花壇に花を植え、交差点の景観づくりをするものです。
 当日は屋外活動にはもってこいの比較的おだやかな天気で、12名(子供2人を含む)の活動参加者と県の担当の方々が集まりました。まず、昨年末に正月向けに植栽したマツやウメなどと草花の撤去を行い、新たに季節の花として、ブルーデージー、パンジー、アリッサム、プリムラのポット苗を植え、水やりをして活動を終えました。

toin20150126.jpg(160px×120px)

平城宮跡景観保全活動〔東院庭園〕(2015年1月26日)
 平城宮跡景観保全活動の第1回目は今年も東院庭園で行ないました。あいにく、昼前から雨との天気予報でしたが、女性の参加者も含み21名の方に活動参加していただきました。

続きを見る

CIMG5439.jpg(160px×120px)

古都買入地 里地里山づくり (2015年1月18日)
 古都買入地 里地里山づくり」の天理市柳本町における4回目の活動を行いました。昨年末までの仕事の多忙な時期も過ぎ、多くの会員に参加していただきました。
 本日の活動は当活動地では今年初めての活動です。今回は竹林の整備、果樹園の除草、外周整備を行いました。活動当初に較べ随分きれいになった感があります。


 2014年

CIMG5423.jpg(160px×120px)

古都買入地 里地里山づくり (2014年12月14日)
 古都買入地 里地里山づくり」の天理市柳本町における3回目の活動を行いました。当日は天気予報通り寒い1日となりましたが、年末の忙しい時期にもかかわらず会員の皆さんにボランティア活動に参加いただきました。
 今回の活動は今年最後の活動です。活動は果樹の下草刈り、竹林の整備、外周柵の整備に分かれて行いました。昔ながらの里地里山の風景を取り戻すには、まだまだかかると思いますが来年も力を合わせて活動を続けて行きます。

z-CIMG5252.jpg(160px×120px)

古都買入地 里地里山づくり (2014年10月12日、11月16日)
 奈良県の古都買入地の景観形成事業に参加する活動で、昔ながらの里地里山の景観創出と自然環境保全を目指して、10月12日から活動を開始しました。

続きを見る

idai2014.jpg(160px×120px)

最近の活動の報告です。
 3月22日(土曜日)ボランティア活動 (景観保全活動 )県立医大剪定〜10月05日(日)お茶席の基本的知識とマナーを学ぼう お茶の会の報告です。

続きを見る

heijyo140324.jpg(160px×120px)

平城宮跡[3回目]景観保全活動 剪定 (2014年3月24日(月))
 3月24日(月曜日)平城宮跡朱雀門裏手の松と、玉手門跡周辺の松の剪定に参加しました。 約20台の軽トラックと27名の会員の参加が有りました。

続きを見る

toin140224.jpg(160px×120px)

東院庭園−平城宮跡[2回目]の剪定 (2014年2月24日)
 平城宮跡の景観保全ボランティア活動2回目、今回は東院庭園西側一帯の赤松を中心に実施しました。参加者26名でした。東院庭園は毎月曜日が閉館日です。その日に合わせて剪定活動をしています。

続きを見る

manyo140223.jpg

万葉の森(橿原市)[2回目]の剪定 (2014年2月23日(日))
 『万葉の森景観保全活動』は前回の梅園の剪定についで、今年に入って2回目となります。
先の大雪で延期になっていたものです。万葉の森でもたくさんの雪が積もったそうです。
(画像をクリックするとフォトギャラリーへ移動します。フォトギャラリーで拡大してみることができます)。

続きを見る

51koryu.jpg

奈良県立高等技術専門校在校生との交流会を実施 (2014年2月)
 緑友会では毎年2回、専門校修了を前にした在校生との交流会を行なっています。この度、今年度後期課程を修了予定の51期生の18名(内女性3名)の皆さんと、緑友会有志8名との交流会に参加しました。

続きを見る

manyo140201.jpg(160px×120px)

万葉の森(橿原市)[1回目]の剪定 (2014年2月1日(土))
 『万葉の森』は、奈良県橿原市の香久山の入り口にある森林公園です。森林内には万葉集に詠まれた万葉植物が多種植栽されています。
 景観保全活動に参加しました。 当日は、無茶苦茶'剪定日和'と言う天候ではありませんでしたが、終日寒さと雨には縁遠い恵まれた一日でした。 参加者は、20名で、園内の梅の木(白梅、紅梅)100本余りを剪定しました。  

続きを見る

toin0127.jpg(160px×120px)

東院庭園−平城宮跡[1回目]の剪定 (2014年1月27日)
 平城宮跡東院庭園は、1967年、平城宮東張出し部の南東隅に大きな庭園の遺跡が発見されました。この場所は『続日本紀』にみえる「東院」にあたることから、「東院庭園」となづけられました。遺跡の復元の基本方針は、奈良時代後半の庭園の姿及び建物を復原整備する。出土した植物遺体などの発掘成果や文献資料をもとに、植裁樹種を選定し、古代庭園にふさわしい景観を復原するとしています。(奈文研平城宮跡資料館HPを参考にしました。)復元されたものを維持することも大切です。私たちもこの方針に少しでも寄与できればと協力させていただいています。今年も22名でその剪定活動を実施しました。

続きを見る

 2013年

horyuji1013.jpg

秋の歩こう会ハイキング「斑鳩の里」(2013年10月13日)
 この日の天気は絶好のハイキング日和で楽しい1日でした。 9時30分に法隆寺駅改札前に集合し、21名の参加で法隆寺センターへ行きました。
法隆寺センターではボランテイアガイドさんが4名待っていてくれて、ガイドさんの前に5人3列と6人1列に並び法隆寺の見学に出発しました。

続きを見る

130811kensyu.jpg

剪定技術研修会 (2013年8月11日)
 お盆前のとてもとても暑い8月11日日曜日に剪定技術研修会に参加しました。
  当日は、三宅小学校横の「あざさ苑」に午前9時に集合。参加者は28名で50期生の皆さんも9名参加されました。研修地は、このあざさ苑から車で15分ほど南に行った奈良県広陵町にある植林場です。

続きを見る

tetugaku04.jpg

春の京都名庭園巡り(2013年4月7日)
 あいにく当日は、小雨降る肌寒い日でしたが催行を決定しました。 出町柳駅で集合し、9時40分の出発予定でしたが京都駅前バス乗り場の方へ行かれた方が6名いるとの知らせが入り、銀閣寺バス停で合流しました。これで全員で26名になりました。  まずはじめに、計画どうり銀閣寺に入り銀沙台(ギンサダン)向月台(コウゲツダン)の二つの砂盛りの庭を見てから観音殿と呼ばれる国宝の銀閣を見ました。  傘を差しての拝観となりましたが、上段の枯山水庭園や下段の池泉回遊式庭園も見ることができました。

続きを見る

hatogi1303.jpg

刃物砥ぎ学習会 (2013年3月17日)
 剪定道具の手入れのひとつに、刃砥ぎがあります。この作業は非常に大切です。 わかったと思っていても、毎年コツを体で覚えておくことが必要です。今年もこの研修会が計画されました。   あいにく、講師先生に急用ができ参加できなくなりましたので、  「刃砥ぎ学習会」に名前を変更して実施しました。大先輩が急遽先生となり、丁寧に教えていただきました。  参加者18名は、植木バサミや刈り込みバサミなど自分が大切にする道具を持ち寄り練習しました。  今回は、専門校修了したてのフレッシュな皆さんが多数参加され大変盛り上がりました。

続きを見る

idai0309.jpg

「奈良県立医科大学の剪定」景観保全活動(2013年3月9日)
 参加者19名 昨年と比べて晴天で暖かい一日でした。 午前9時医大玄関に集合し宮崎会長の挨拶, 景観保全活動担当者のリードで準備体操を済まして剪定作業に取り掛かりました。

続きを見る

2013manyo.jpg(160px×120px)

『東院庭園』景観保全活動(2013年2月25日)
 平城宮は古都奈良の文化財として世界文化遺産に登録された考古遺跡です。南東隅にある『東院庭園』は、奈良時代後期の自然風景を主にし、正殿を中心に池・中島・築山石組・反橋・平橋で構築された日本庭園です。この庭園は、「万葉集」「懐風藻」などの庭園植栽の記録から、樹種や植栽位置が配慮されています。景観の重要な要素となる植栽にはアカマツ、ヒノキ、ウメ、モモ、センダン、アラカシ、ヤナギ、サクラ、ツバキ、ツツジなどが使われています。

続きを見る

2013manyo.jpg(160px×120px)

『万葉の森』景観保全活動(2013年2月10日)
 奈良県橿原市の『万葉の森』は、香久山の入り口にある森林公園です。森林内には梅・椿・桜など様々な植物の展示園があり、万葉集に詠まれた万葉植物が多種植栽されています。
 2月10日私たち活動に参加した20名は、午前中は紅梅・白梅が100本あまり植樹されている梅園の剪定をしました。二年前からの剪定効果も見え始め、枝はたくさんの蕾を付けており、これらの蕾を落とさないようにしながら徒長した枝を中心に剪定しました。

←椿園で

続きを見る

498koryu.jpg

専門校在校生との交流会を実施 (2013年2月)
 奈良県立高等技術専門校造園技術科在籍の49期生17名と、緑友会有志8名との交流会を行いました。今回は元気になられた初代会長安田さんが参加してくださいました。

続きを見る

 2012年

120826kensyu.jpg

剪定技術研修会 (2012年8月26日)
 残暑炎天下の中、奈良県広陵町の植林場をお借りして実施しました。 ベテラン会員4名が先生となって、経験浅い参加者とそれ以外とに分かれて研修は始まりました。

続きを見る

48koryukai.jpg

専門校在校生との交流会を実施 (2012年7月)
 奈良県立高等技術専門校造園技術科在籍の48期生18名と、緑友会有志8名との交流会を行いました。

続きを見る

usui01.jpg

雨水貯留タンク設置講習会 (2012年6月3日)
 6月3日(日)、奈良県磯城郡のあざさ苑にて『雨水貯留タンク設置講習会』が開かれました。これは、会員からの「庭木散水用の雨水タンクの設置の仕方を知りたい」という要望から計画され、開催されたものです。

続きを見る

pasokonkoza.jpg

パソコン講座 (2012年5月13日)
 5月13日(日)、奈良県立図書情報館にて『パソコン講座』が開かれました。昨年より始まった緑友会SNS(ソーシャルネットワーク)の利用・活用を図るために開催され、第3回目になります。

続きを見る

isyoku3.jpg

奈良県フラワーセンターでのボランティア (2012年4月12日)
 昭和49年の開園(大和郡山市)以来、県民が親しんだフラワーセンターが、3月18日をもって閉園となりました。これに伴いフラワーセンターに植えられていた松や花木の移植作業を、緑友会有志で行いました(3日間、延べ35人参加)。

続きを見る

toufukuji.jpg

春の京都名庭園観賞ハイキング (2012年4月8日)
 京の桜も満開近くとなり、しかも願ってもない好天気。今回、私たちは泉涌寺(せんにゅうじ)・東福寺など伏見の方面へ出かけました。
 参加者34名は、JR東福寺駅に集合し、最初の目的地泉涌寺に向かいました。広く「御寺(みてら)」として親しまれているこの寺は、東山三十六峰の一嶺、月輪山の麓に静かにたたずむお寺です。

続きを見る

hatogi3.jpg

刃物砥ぎ研修会 (2012年3月22日)
 剪定道具の手入れのひとつ、刃砥があります。この作業は非常に大切で作業如何によって、剪定作業の効率や安全性そして樹木の切り口などに表れます。 この研修を緑友会では、毎年夏の終わり頃、実施してきました。 会員からの「仕事の暇なときに行ってほしい」との要望を受けて剪定作業が忙しくなる前の3月に計画されました。 

続きを見る

tointeien2.jpg

東院庭園−平城宮跡周辺の剪定 (2012年2月27日)
 今回は、庭園前のアカマツの剪定と前回(1月30日)にやり残した庭園内の落葉樹・常緑広葉樹の剪定を行いました。
 作業開始直後から雪が舞い始め、「今日は大変な一日になるなぁ」と思いましたが、参加者24名の「綺麗にしなければ」との思いが通じたか、しばらくすると雪もおさまり寒いながらも風も和らぎ、お蔭で作業もはかどりました。

続きを見る

koryukai10r.jpg

専門校在校生との交流会を実施 (2012年2月23日)
 奈良県立高等技術専門校造園技術科の在校生(47期生12名)と緑友会有志8名との交流会が、2月23日専門校で実施しました。
 始めに、緑友会会長より会の紹介と活動状況の説明を行い、卒業後の会への加入を呼びかけました。
 在校生からは、「庭師になりたい」、「腕を磨きたい」、「樹木の名前を知りたい」とか「自然に親しんで汗を流したい」など、それぞれの思いを持った自己紹介がありました。

続きを見る

kennritsuidai.jpg

奈良県立医科大学の剪定(2012年2月18日)
 奈良県立医科大学は、昭和20年(1945年)4月に奈良県立医学専門学校として、奈良県橿原市に設立された医学校です。昨年より私たちは、景観保全活動の一環としてこの大学周辺の樹木剪定に携わって来ました。

続きを見る

kajyukoza.jpg

教養講座「家庭で楽しむ果樹づくり講演会」(2012年2月12日)
 教養講座「家庭で楽しむ果樹づくり」と題して、フラワーセンター職員の棚田さんから講演を聞きました。44名の参加者がありました。昨年6月の緑友会通常総会で果樹づくりについて講演いただき大好評でしたのでゆっくり時間を取って、さらに詳しくお話を聞くことになりました。

続きを見る

tointeien.jpg(160px×120px)

東院庭園−平城宮跡 の剪定 (2012年1月30日)
 平城宮は他の日本古代都城の宮殿地区には例のない東の張出し部を持ちます。この張り出し部の南半は皇太子の宮殿があった場所で、「東宮」あるいは「東院」と呼ばれていました。東院庭園は東西60m、南北60mの南から見て逆L字形の池を中心に構成されています。

続きを見る

manyonomori.jpg(160px×120px)

万葉の森−梅園の剪定(2012年1月22日)
 奈良県橿原市の万葉の森は、香久山の入り口にある森林公園です。森林内には梅・椿・桜など様々な植物の展示園があり、万葉集に詠まれた万葉植物が73種植栽されている公園です。
 1月22日私たち21名は、紅梅・白梅が60本ほど植樹されている梅園の剪定をしました。既に枝は蕾を付けており、これらの蕾を出来るだけ落とさないようにと心がけて剪定をしました。

続きを見る