話題・ニュース
〜身の周りで起こったできごとや発見を”話題・ニュース”として。また、まとめて”シリーズや読み物”で〜

過去の記事はこちら

■ 2019年の話題やニュース

西ノ京活動地に咲いたサツマイモの花(2019年9月2日)


 先日行った『西ノ京/里地里山づくり』での活動時に「イモ掘り会」用のイモ畑で、サツマイモの花が1輪咲いているのを見つけました。当日集まった会員のだれもがサツマイモの花を見たのは初めてです。

左写真は活動地に咲いたサツマイモの花です。

続きを見る

NPOとボランティア団体「パネル展」に展示(2019年6月9日)


 今年も奈良市ボランティアインフォメーションセンターの交流コーナーで"NPOとボランティア団体"パネル展が開かれています。当会も前半展示の第1クールで展示を行いました。

左はパネル展において当会展示の写真です。

続きを見る

「アースデー2019inなら」環境映画会に参加(2019年4月28日)


 今年のならコープ主催の「アースデー2019inなら」は 奈良県社会福祉総合センターの6F大ホールで行われ、環境映画会が上映されました。
 このほかにもホール前のロビーを使ってパネル展示コーナーが設けられ、当会もパネル展示を行いました。

左は当会が展示したパネルを見ている一般参加者の写真です。

続きを見る

奈良県立高等技術専門校展開催(2019年1月27日)


 緑友会会員の母校である奈良県立高等技術専門校では恒例の専門校展が開催され、造園技術科の在校生(58期生)による模擬庭園が作庭されました。

左は樹木あてクイズのようすです。

続きを見る

■ 旅行記 : 庭師?世界をあるく
 〜緑友会の会員が世界を歩きながら自然について語りかけます〜

<ポルトガル編>


 2019年2月18日〜3月1日。今回は大航海時代の面影を残す街々、そしてブランコやバッテラ・カッパなど日本語の外来語に多く見られる国、ポルトガルへ。数々の歴史的遺産や港町の風景が旅情を誘う旅です。
 では、世界遺産を巡る旅 へ出発しましょう!

左写真はペドロ四世騎馬像と市庁舎です。

<ギリシャ編>


 2018年4月18日〜4月30日。今回はギリシャの国内を、アテネを皮切りに中部のカランバカ、北部のテッサロニキ、南部エーゲ海のクレタ島、サントリーニ島そしてアテネ。メテオラの文化遺産を始め『考古学を学ぶ?』旅です。
 それでは、神々の大地「ギリシャ」へ出発!

左写真はアクロポリスの丘の夜明けです。

<イギリス編>


 今回は、本場のイギリス式庭園を直接この目で観ることのできる、憧れのイギリスです。この旅行が『庭師?世界をあるく』のきっかけとなりました。訪問は2008年と少し昔となりますが、写真と大脳皮質を頼りにした最新の紀行文です。
 さぁ、テイク・オフ!

左写真はチェスター大聖堂外庭です。

<アイスランド編>


 <アイスランド編>は、2017年1月28日から2月6日にかけて訪れた北の国、氷の島、アイスランド南部の大自然とオーロラ観賞の旅です。
 アイスランドは地球の裂け目が、地上に出ている地球上で珍しい国です。また、アイルランド独特の自然や地熱発電について紹介します。

左写真はネシャベトリル地熱発電所です。

<フランス編>


 今回のフランス編は、2016年5月23日から6月6日の14日間、訪れた南フランス<アルプス編>に続く第四弾です。フランスの樹木や花についても庭師?からの視点で紹介をしました。紀行文は、前・後半と長くなりましたが、ランディングまでごゆっくりと。

左写真はフランスカトリーヌ庭園です。

 フランス偏は<前半> <後半>に分かれています。それぞれをクリックしご覧ください。

<アルプス編>


 第三弾「アルプス編」は、2015年7月5日から17日の12日間、訪れたスイスのルツェルン〜西北イタリア〜フランス東部〜インターラーケン(スイス)まで、マッターホルン、モンブラン、ユングフラウを巡るコースの紀行文です。
 また、アルプスの樹木や花についても紹介しています。

<アラスカ編>


 今回は、2014年6月13日から6月26日、13日間のアラスカ旅行の紀行文です。

<チロル編>


 チロル編は、2013年7月8日から7月19日の11日間、チロル地方に旅行した紀行文です。
 主なコースは、ミラノ(イタリア)〜レイティッシュ鉄道のベルニナ線でサンモリッツ(スイス)〜ドロミテ渓谷(イタリア)〜インスブルック(オーストリア)です。
 チロルよ、”グリュースゴット”!