活動実績

 

 ■2022年の活動

天理/里地里山づくり活動(2022年4月30日)

 早朝の冷え込みも活動開始時には動きやすく、過ごしやすい活動日となりました。
 前回活動後1ヶ月で、勢いよく伸びた雑草にビックリしました。
 集合後、いつも通りの体温・体調の確認と、コロナ感染防止対策を取っての活動開始です。また今日の活動から新しいメンバーが加わり、10名を超える参加者となりました。


(左の写真は、フェンスの改修及び草刈り作業です。)

続きを見る

油阪公園花植え活動(2022年4月17日)

 今日は良く晴れて新緑の清々しい日となり、9時頃までには会員のほか地域の方など20名余りの方が集まりました。
 当油阪公園は近鉄奈良駅とJR奈良駅を結ぶ中間の交差点であるため、観光バスや旅行者が多く通行しており、信号の合間を縫って花株を配る作業となります。
 活動前にまず、会員の検温を記録し、本日の作業手順を確認して活動に取りかかりました。


(左の写真は、公園の一角の花植え状況です)

続きを見る

西ノ京/里地里山づくり活動(2022年4月9日)

 桜の花は散り始めましたが、ユキヤナギは満開となり、前回剪定した柿の木には新しい葉が出始めて、いよいよ新緑を迎えようとしています。
 今日は、良く晴れて清々しい日となり、会員10名余りが集まりました。また散策する人ものんびりとした様子で休憩施設の椅子に座っておられました。
 活動前に早速会員の検温を記録し、本日の作業内容を確認して活動に取りかかりました。


(左の写真は、休憩施設・ウメ植栽エリア等の草刈り状況です)

続きを見る

天理/里地里山づくり活動(2022年3月20日)

 昨日の肌寒い朝と異なり、今日は陽のぬくもりが感じられる朝となりました。
 コロナ感染拡大に伴って、自粛を余儀なく強いられていた活動も、約3ヶ月振りであったせいか集合時間には10名を越える会員が参加しました。
 体温・体調確認等コロナ感染防止対策を充分に施し、活動を開始しました。


(左の写真は、柿の木を剪定している作業風景です)

続きを見る

西ノ京/里地里山づくり活動(2022年3月19日)

 暫く暖かい日が続き梅の花が満開となるものの、寒の戻りで少し肌寒い朝となりました。
 コロナ感染防止のために2か月間休止していた活動も再開となり、久しぶりに顔が見られるとの思いか、意気揚々と会員たちは集結しました。
 参加者の体温・体調をチェックした後、感染予防対策を施して本日の活動“ユキヤナギと柿の木”についての作業内容を確認した後、それぞれ分担して作業を始めました。


(左の写真は、ユキヤナギの苗を植樹している姿です)

続きを見る

西ノ京/里地里山づくり活動(2022年1月15日)

 本年最初の活動日である本日は冷え込むものの清々しい朝となりました。
 集まる会員から新年の挨拶が飛び交い、体温・体調をチェックし、感染予防対策を施して本日の作業内容を確認しました。


(左の写真は、カキの剪定状況です)

続きを見る


 ■2021年の活動

天理/里地里山づくり活動(2021年12月26日)

 全国的に数年に一度の寒波と予報される通り寒い日となりました。降雪を心配しながらも栗の苗木植付けだけでもと集まった活動メンバー。
 今日の活動予定は、まず苗木植栽をやり遂げること。そして天気がもてば、カキの剪定と竹林の整備作業を行うこととしました。
 いつもとおりの体温と体調確認やコロナ感染防止対策を行なった後、活動を開始しました。

左の写真は、栗の苗木植栽作業です。

続きを見る

天理/里地里山づくり活動(2021年11月28日)

 雲ひとつ無く晴天の青空、まさに秋晴れの日となり、さわやかな活動日よりとなりました。
 今回は竹林エリアの草刈りとカキの剪定作業です。いつもながら体温・体調確認等コロナ感染防止対策後、活動を開始しました。

左の写真は、カキの剪定作業です。

続きを見る

西ノ京/里地里山づくり活動(2021年12月18日)

 本日の奈良市内午前10時頃の天気予報は雪とあり、予報通り冷え込む朝となりました。しかし雪も降らず、おかげさまで好天に恵まれて作業は順調に進みました。
 活動地に集合した会員は、早速普段通りに体温及び体調をチェックし、感染防止対策を施した後、担当者より本日の作業内容について指示を受け開始しました。

左の写真は、果樹へ施肥の状況です。

続きを見る

天理/里地里山づくり活動(2021年11月28日)

 雲ひとつ無く晴天の青空、まさに秋晴れの日となり、さわやかな活動日よりとなりました。
 今回は竹林エリアの草刈りとカキの剪定作業です。いつもながら体温・体調確認等コロナ感染防止対策後、活動を開始しました。

左の写真は、カキの剪定作業です。

続きを見る

西ノ京/里地里山づくり活動(2021年11月20日)

 年末が近づくと共に会員の多くは剪定作業で繁忙期を迎えますが、そのような中にも関わらず今日もたくさんの会員が活動地に集合しました。
 早速出欠の確認と検温を記録し、本日の作業内容を確認し作業に取り掛かりました。

左の写真は、イモ畑耕地作業の状況です。

続きを見る

油阪公園花植え活動(2021年11月14日)

 奈良市大宮通り油阪公園では、今年も秋から冬用の花植えを行いました。
 花植えの実施前には、旧花の撤去や耕土の準備を済ませて今日本番を迎えることになりました。
 本日の花植えの参加者は、会員の他に県の職員の方や近所の地元の方が集まって交差点周辺の3カ所を午前中に終了することが出来ました。
 恒例の年末奈良マラソンでは、ランナーや応援の方にも気持ち良く感じていただければと思っています。

左の写真は、花壇の花植えの状況です。

続きを見る

天理/里地里山づくり活動(2021年11月7日)

 10月末日に予定していた活動が雨により実施できなかったため、さらに生い茂っていると思われる雑草も放棄 できず、1週間延期しての活動となりました。

左の写真は、果樹エリアでの草刈りと整地されていく状況です。

続きを見る

西ノ京/里地里山づくり活動(2021年10月23日)

 垂仁天皇陵近くまた私たちの活動場所に近い、五条1丁目自治会の子供たちを招き、本日はサツマイモの芋掘り会を行ないました。
 なお事前に私たちは、イモのツル除去と子供たちが掘りやすくするために畝の土をほぐしておきました。
 

左の写真は、自治会子供たちによるサツマイモ掘りの状況です。

続きを見る

西ノ京/里地里山づくり活動(2021年10月9日)

 9月の活動をコロナ感染防止で中止としたため、今日が2ヶ月振りの活動となり雑草が膝の高さまで伸びた所もありました。また、栗の実が全て落ち抜けて殻が散乱する一方で、柿の実の多くは 色づいていました。

 

左の写真は、遊歩道及び道沿い草刈り後の雑草清掃状況です。(傍の垣根はユキヤナギの垣根です)

続きを見る

天理/里地里山づくり活動(2021年8月28日)

 先月草刈りを行ったにも関わらず、もう地面が見えない程に雑草で敷地が覆われていました。
 暑さを少しでも避けるため、集合時間を30分早めたお陰で暑さを感じる前に集まることが出来、参加者全員の体温・体調を確認のあと、本日の作業内容確認と熱中症対策のため、小刻みに休憩を取る旨の指示を受けて、作業を開始しました。
 

左の写真は、栗エリアの草刈りの状況です。

続きを見る

西ノ京/里地里山づくり活動(2021年8月7日)

 前回活動より3週間が経ち、整地したはずのエリアが再び生い茂った雑草に包まれていました。
 

左の写真は、遊歩道道沿いの草刈り状況です。

続きを見る

天理/里地里山づくり活動(2021年7月25日)

 コロナウィルス感染拡大防止対策から長い間作業を中止していた活動地は、足の踏み場も無いほどに雑草が覆い茂り、景観を崩していました。
 集合の後、参加者全員の検温報告と体調を確認し、本日の作業内容とコロナや熱中症への防止対策の説明の後、一斉に活動を始めました。

左の写真は、柿エリアの草刈り整地の状況です。

続きを見る

西ノ京/里地里山づくり活動(2021年7月17日)

 65歳以上でコロナ感染予防のワクチン接種が全国的に順調に進んでいるようですが、梅雨明け後のこれからは熱中症にも気を配る必要があります。
 さて、本日も予定時間より早くから集まった会員もあり、まず各自の検温結果の報告と本日の作業内容を確認後作業に取りかかりました。また、休憩時はマスク着用とお互いの距離を確保し、消毒液の設置など感染防止対策にも注意しました。

左の写真は、花壇の花植えの状況です。

続きを見る

西ノ京/里地里山づくり活動(2021年6月26日)

 65歳以上のコロナ感染予防のワクチンが順調に進んでいるようなので、感染者が減少されることを期待しています。
 さて、今日は先週19日に予定していた活動が雨で中止となったため順延して活動することにしました。本日も多くの会員が集まり、まず各自の検温結果の報告と各自間隔を空けて本日の作業内容の説明を聞いた後、作業に取りかかりました。また、休憩時はマスク着用とお互いの距離の確保し、消毒液の設置など感染防止対策にも注意しました。

左の写真は、イモ苗の植え付けと水遣りの状況です。

続きを見る

西ノ京/里地里山づくり活動(2021年5月29日)

  奈良県のコロナ感染状況はやや減少傾向になっていますが、まだまだ油断は出来ない状態です。
  今日は梅雨の中休みとなり多くの会員が集まりました。まず各自の検温結果の報告と各自間隔を空け本日の作業内容の説明後作業に取りかかりました。また、休憩時のマスク着用とお互いの距離の確保、消毒液の設置など感染防止対策にも注意しました。

左の写真は、人力による粗方の畝づくりの様子です。

続きを見る

西ノ京/里地里山づくり活動(2021年5月15日)

 奈良県のコロナ感染状況は高止まりで厳しい状態が続いていますが、植物の生育は順調に進み雑草も膝頭まで伸びていました。 西ノ京活動地には12名の会員が集まり、まず恒例となった各自の検温結果の報告と本日の作業内容の説明がありました。その後、各自間隔を空けて作業に取りかかりました。また、休憩時のマスク着用とお互いの距離の確保、消毒液の設置など感染防止対策に注意しました。

左写真は、遊歩道より活動地を望む作業後の状況です。

続きを見る

西ノ京/里地里山づくり活動(2021年4月3日)

 昨年度は新型コロナウイルス感染流行のため、会全体の活動としては、その前年度に比べ回数は大幅に減り、活動への参加者数も半分近くまで減ることになりました。
 本日の西ノ京での活動は当会今年度最初の活動です。先週に引き続き、休憩施設周囲の竹垣(四ツ目垣)の更新作業などを行いました。

左写真は、四ツ目垣の組み立て作業状況です。

続きを見る

西ノ京/里地里山づくり活動(2021年3月27日)

 たいへん暖かい1日になりました。本日は、かねてより準備を進めておりました休憩施設の四ツ目垣更新作業と、花壇などの手入れです。新型コロナ流行の第4波が懸念され出している時期であり、十分な感染対策を講じた上での活動となりました。

左写真は、四ツ目垣の組み立て作業状況です。

続きを見る

西ノ京/里地里山づくり臨時作業(2021年3月10日)

 新型コロナの流行は下火になってきたように見えていましたが、感染者数は下げ止まりです。活動休止の繰り返しで、作業に遅れが生じてきました。
 本日は密を避けるため小人数が集まり、冬に剪定した果樹の小枝などを仮置き場に移動する作業を行いました。

左写真は、剪定枝をトラックに積み込む作業です。


西ノ京/里地里山づくり準備作業(2021年2月6日)

 春のように暖かい1日です。新型コロナの流行により活動は遅れ気味となってきました。
 次回の活動は活動地内にある休憩施設の四ツ目垣の更新を予定していますが、材料の前処理をしておかないと、組み立て当日に集まってもらった会員が作業に着手できません。

左写真は、白竹の劣化抑制処理のようすです。

続きを見る

西ノ京/里地里山づくり活動(2021年1月9日)

 2021年最初の活動日は、たいへんな寒波の中です。現地に着いた時の気温は、零下1.6度で、活動中も最高気温が3度までしか上がらない中での作業となりました。新型コロナの流行も衰えを見せない中でしたが、普段と変わりない人数の会員が集まりました。
 主な活動内容はウメとカキの剪定です。

左写真は、果樹剪定作業のようすです。

続きを見る